面接におけるアドバイスとコツ

面接を受ける時に緊張しすぎて、声が出なくなったり、頭が回らなくなったりすることがあります。せっかく時間をかけて準備した自己PRも、練習では出来ていたのに、面接試験の当日は半分も言えなかったというケースもよく聞きます。精神的に追い詰められてしまって、イメージしていた自分の行動ができなかったという人は数多くいます。面接がうまくいった人からアドバイスを受けることで、どんな心がけをすべきかをイメージしましょう。まず面接の担当者が入ってきたら、深々とお辞儀をすることが大切で、ちょっと首を下げるだけでは、良い印象を与えることは出来ません。極端な例ですが、これまで何度もしてきたお辞儀の中で、もっとも丁寧に心を込めて頭を下げるくらいの意識をもってお辞儀をしましょう。採用面接の場では、少し丁寧すぎるくらいがいいという考え方で、一つ一つの動作を丁寧にするように意識するといいでしょう。面接の試験中には、緊張してうまく話せない、面接官のどこを見ればいいのかわからないという話もよく聞きます。必要以上に緊張しないためにも、面接官の目から少しずれたところに視線を向けて話をするようにすると話しやすくなります。どこを見ていいか迷ったら、面接官ののど元周辺に目線をあてるようにするといいでしょう。面接担当者の本音を聞いてみると、もちろん学歴も重要だけど、それ以上にこの人と仕事がしたいと思う人を採用すると言っている人が少なくありません。面接試験に臨む際には同じように、この会社の人達と仕事がしたいという熱意を相手にどれだけアピールできるかがカギとなってきます。イクオス フィンジア